結果が出ない時に見る言葉

ビジネス







ある目標に向けて挑戦したは良い物の、中々結果が出ずに自信を失う時もある。

でもそれは正しい反省と改善をした上であれば気にする必要はない。

当然うまくいく事もあればうまくいかない事もある。100発100中でうまくいかせる事を目指す方が無理がある。

Facebookで成功したあのマークザッカーバーグもFacebookの前に何個も違う事業に挑戦しては失敗している。

どの成功者も側から見ると1発で成功しているように見えるがほぼ例外なく複数の事業に挑戦し失敗を繰り返した上で今の事業がある。

だからちょっと結果が出ないくらいで凹んではいけない。俺は結果が出なくてめげそうになる時はこの言葉を思い出すようにしている。

There are three ways of doing things around here: the right way, the wrong way, and the way that I do it.

(いいか、ここでは3つのやり方がある。正しいやり方、間違ったやり方、そして俺のやり方だ。)

–カジノ:ロバート・デニーロのセリフ

結果が出ようが出まいが、これで行くと決めた以上、やり抜くしかない。原点に戻り再始動するのみ。

少しでもためになったと思って頂けた場合はリツイートなりシェアいただけると励みになります↑

〉 週刊下克上コラムはこちら

〉 起業したい人は起業サロン

〉 ガングロ社長のプロフィールはこちら